• White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

無限のかたちを創造する

SOZO.Ed

ABOUT

私たちについて

SOZO.Ed(ソウゾウエド)は、ICT・Creative・Educationをキーワードに、 主に東京都内の小学校から高校の教員を中心に結成した Professional Learning Community です。

研究会名称でもある[SOZO]は創造・想像を、[Ed]はeducationと江戸(東京)を表しています。

〈ロゴマークについて〉 最小限のパーツから、創造することで無限に作られる形。変化し続ける東京らしいクリエイティブなロゴデザインです。

TWITTER

お知らせ

ACTIVITY

活動内容

 現在急速に進歩をとげるテクノロジーの活用は今後の子どもたちの学びに必須であり、教育現場でも新たな授業デザインやアイデアが求められています。

 SOZO.Edは、メンバーの実践に関する情報交換会に加え、企業や団体とコラボしたテクノロジー体験会、公共施設や教育機関と連携した大人や子ども向けのワークショップ、教育やICTをテーマとしたイベント開催などに取り組んでいます。

〈ロゴマークについて〉 最小限のパーツから、創造することで無限に作られる形。変化し続ける東京らしいクリエイティブなロゴデザインです。

そうぞうとあそびの

​クラスルーム

SOZO.Edが主催するワークショップイベント。
メンバー同士が日頃のアイデアをコラボレーション!
子供も大人も先生も、​ワクワクする「あそび」の時間をつくります!

GALLELY

ギャラリー

PROFILE

プロフィール

代表

海老沢穣

えびさわ ゆたか

一般社団法人SOZO.Perspective代表理事/新渡戸文化小学校ICTデザイナー

iPadの授業での利活用を中心に、ICTを活用した新たな授業デザインの提案と実践を行なっている。2003-2005年にはJICA青年海外協力隊に現職教員として参加し、マレーシアで特別支援教育に携わった経験がある。二児の父。

Apple Distinguished Educator
NPO法人芸術家と子どもたち アドバイザー

NHK for School「ストレッチマン・ゴールド」番組委員

 
 
 
 
 
 

副代表

山内佑輔

やまうちゆうすけ

新渡戸文化学園プロジェクトデザイナー/VIVISTOP NITOBEチーフクルー

実社会と学びを繋ぐ授業をデザイン。ワークショップの手法をもちいて、子供たちのクリエイティビティを育む環境をつくりだす。 学校内では様々なアーティストや専門家、企業と連携した授業を実践。新しい学びのあり方を模索したり、放課後の子どもたちの活動を拡張中。キッズワークショップアワード優秀賞を受賞。出張図工室プロジェクト「山と水の図工室」の活動では東京新聞教育賞を受賞。二児の父。

210510_vivistop3560.jpg

CONTACT

お問い合わせ

取材、ワークショップ依頼など、下記フォームよりお問い合わせください。

Thanks for submitting!

© 2023 sozo.Ed